社員教育より経営者教育を

最終更新: 8月18日

社員教育はまず経営者教育から

2016-09-13 21:47:12 テーマ:ビジネス 私が

ビジネスコンサルティングをする時

必ずと言っていいほど

社員ではなく


経営者の価値観や

ビジネス戦略に

問題点を見つけます


経営者にとっては

すべての

会社の問題は


従業員と

景気の問題として

取扱いたい

ものなのでしょうけれど


そうではないのです。


いままで

コンサルティングをした企業の

経営者は

2つのタイプに分かれます。


1つは

素直に私の話を聞いて

自分の問題点を認め

私のアドバイスを

即、受け入れて

改善する経営者


もう1つは

一応、私の話は聞くけれど

自分の問題点は認めず


もちろん

私のアドバイスも

受け入れず


ただただ

従業員の教育のみに

固執する経営者


さて、

どのタイプが

多いと思いますか??????


残念ながら、

後のタイプがほとんどです。


会社の問題は

経営者の問題です。


もしあなたが

経営者なら


今一度


経営方針

経営戦略


そして


人材育成に

問題がないかどうか


見直しをしてみませんか?


経営者という

プライドは捨てて


あくまでも

会社の存続に


焦点を絞りましょう。


問題は

実は経営者が

源泉ということを


忘れないでください。





1991年に

オーストラリアにて

グローバルビジネスを起業し


いままでに2000名以上の

児童英語&英語教師/子ども教育コンサルタントという

人材育成リーダーを育ててきた


経験と実績のある


ライフコースコンサルタント

グローバル人材育成&企業コンサルタント


マクマホン洋子が


直接、コンサルティングいたします。

ぜひ、ご利用ください。


お問い合わせは

amea@live.com.au

マクマホン洋子

までどうぞ

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

生きていた証を永遠に

『生きていた証を永遠に』コンシェルジュ募集! 2015年3月3日 6:22 私たちが生きている.....こんな素晴らしいことはありませんね。 一人一人、とっても重要で、生きているだけで特別なことです。 そんな私たちにもいつかは命の終わりが必ずきます。 日本のお墓事情が今、変りつつあります。 代々引き継がれてきたお墓の老朽化に加え、少子化、未婚、跡継ぎがいない..... などの理由で、散骨する人た

日本人組織向けの成功循環モデル

2014年8月18日 14:15 マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱した<組織の成功循環モデル>は、 日本のビジネス業界に随分と取り入れられていて、このモデルを使ってビジネスマネージメントや セミナーなどのお仕事をされていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますね。 それで、会社の組織がうまくいって、会社の業績がアップしているのならいいのですが、 現実はそうでない会社が多いと伺っ

© 1978-2020 Yoko McMahon / Amea生涯学習アカデミー