生きていた証を永遠に

『生きていた証を永遠に』コンシェルジュ募集!


2015年3月3日 6:22


私たちが生きている.....こんな素晴らしいことはありませんね。 一人一人、とっても重要で、生きているだけで特別なことです。 そんな私たちにもいつかは命の終わりが必ずきます。 日本のお墓事情が今、変りつつあります。 代々引き継がれてきたお墓の老朽化に加え、少子化、未婚、跡継ぎがいない..... などの理由で、散骨する人たちも増えてきているようです。 ここでお墓のイノベーション! 子孫に墓守をしてもらわなければならないお墓から 自分の生きていた証を永遠に残すためのお墓へ ご先祖様と一緒に入るお墓ではなくて 自分と愛する人との夫婦だけのお墓 ペットも一緒に入れるお墓 自分だけの特別のお墓 亡くなった後も、 自分が生きていた証が永遠に残るお墓 今からお墓の話なんて縁起が悪い.... なんて思わないでください 人は必ず死ぬのです! それなら自分が死んだ後、 子孫への負担のない 穏やかで明るくて 花がいっぱい 愛がいっぱいの 平和な国 オーストラリアを 安らかな眠りの地に...... 今から 生きているうちに 私たちが 永遠に 安らかに 眠ることができる地を 広々とした大地 透き通った青空に白い雲 野鳥が飛び交い 山々がやさしく見つめている そんな地に 私たちの生きていた証が 永遠に 残る...... 消えていくのではなく そこにいる 毎日庭の手入れをするように いつもきれいに世話をしてくれる そんな場所に 私たちの生きていた証が永遠に 残るのです....... お墓参りのためのお墓ではなく 私たちが 本当に生きていた という証を 残すためのお墓....... そのお手伝いをするのが 「生きていた証を永遠に」コンシェルジュ ご興味のある方はマクマホン洋子まで ぜひ、メッセージをください。 一緒に 私たちが「生きている」という 奇跡に感謝して 私たちの存在が 消えることなく 永遠に残るように 一緒にお仕事いたしませんか?

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

受精から着床、胎児の成長、そして出生

【受精から着床、胎児の成長、そして出生】 目に見えない卵子と精子が受精し、約50センチ、約3キロの新生児として出生。この間に胎児は、生きるために休みなく、一生懸命細胞分裂を繰り返し、頑張って成長していきます。そしてそれを支えるのは母体である母親です。 当然、母体にも、別の生命を子宮の中で育てるという大きな負担がかかります。そして、最後に出産という大きな試練を乗り越えて、新しい生命体をこの世

自死を防ぐために

<第1回目の人間軸道場の課題は『自死を防ぐために』> 最近、頻繁に起こる、若者たちの自死。 未来を担う大切な命を救うことができなかった痛恨を抱えて生きていく家族たち。誰が悪いとか悪くないとかの問題ではなく、私たちが人間である以上、心と精神の問題を避けることはできません。 幸せそうに見える家庭の中でも、起こり得る悲しい出来事。 実は、自死を無くすためには、自死に至るプロセスを知る必要がありま

© 1978-2020 Yoko McMahon / Amea生涯学習アカデミー