文化の日の趣旨が世界平和の鍵

今日は文化の日ですね。

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことが趣旨の国民の祝日。

明治天皇の誕生日でもあります。


明治天皇は、幕末の混乱を経て、新時代の天皇に即位した方です。

巡幸や外国人との謁見、太平洋や富士山を見るなど、それまでの天皇なら考えられないようなことを次々と行ないました。天皇家を呪りながらなくなった崇徳上皇を鎮め、新政権の無事を願ったことでも有名です。

明治天皇はとても質素倹約の精神をとても大切にしていたとのことです。 その明治天皇がお生まれになった日を文化の日に定めたのにはきっと明治天皇の思いを未来に繋げていくという背景があったのかもしれませんね。


『自由と平和を愛する』そして、『文化をすすめる』


まさに、現代の課題ではないでしょうか?

明治天皇は61歳という若さで亡くなられていますが、日本の未来、世界の未来に向けた熱い思い、それこそが、この「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ということだったのではないかと思います。


せめて今日は1日、明治天皇の御心を慮り、自由と平和の意味、文化とは何か?を考えてみたいと思います。


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

絆づくりで行動が縛られる

オーストラリアに住んで30年。 グローバルビジネスに何の準備もなしに突然飛び込んだ私。 日本で塾を経営し、教育コンサルタントとして、 親御さんたちの子育て指導や教育指導を行なっていましたが、 突然、何を血迷ったのか、オーストラリアに家族で移住。 家もビジネスも売って、家族で飛び込んだグローバルな世界で 生きて行くためには仕事、仕事、仕事〜。 そんな中で始めた留学センター、英会話学校、英語教師養成学

性教育は単独で教えるべきではない

今、性教育の重要性が叫ばれている日本 世界から遅れているという観点から欧米社会のやり方をそのまま取り入れるのではなく、日本人の価値観と発想と文化背景を考慮して、なおかつ、心と体と精神の発達段階の中でその年齢にふさわしい形で取り入れていかないといけません。 そうしないと、また別の問題が起こります。 要するに性教育は、人間教育の中に入れるべきことで、単独で行うべきことではないと思います。 それは、体の

親の勝手で被害を受ける子供達

*Yahooのニュースを下部に添付してありますので、参考にご覧ください* 離婚による片親疎外が最近、日本で問題になっているようです。もちろん、離婚しなくても、母親と子供達が父親をバカにしたり、父親が母親と子供達にパワハラやモラハラしたり、という傾向が、最近、増えているようです。 一番の問題は、両方とも無意識に行われているということです。 被害者は子供達...... 子供達の成長に大きく影響を及ぼす

© 1978-2020 Yoko McMahon / Amea生涯学習アカデミー