命の選択は誰がすべきなのか?

命の選択は誰がすべきなのか?

2018-05-09 09:04:18 テーマ:生きる


インフォームド・コンセント( informed consent)という言葉ある。

「十分な情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念であり、

特に、投薬・手術・検査などが、治療や手術についてよく説明を受け、

十分に理解した上で(informed)、対象者が自らの自由意志に基づいて、

医療従事者と方針において合意する(consent)することである。

説明を受けた上で治療や手術を拒否することもインフォームド・コンセントに

含まれる。

説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、

代替治療してや副作用、成功率、費用までも含んだ正確な情報が与えられることが

望まれている。また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。

そして、そうやって、生命装置を外すことを選択された患者がいた。

彼は、ヘビースモーカーだった。

ひとつの肺は完全に機能を止めていた。

もう一つの肺は、肺のほんの一部が機能していたが、

それでも命を守るための十分な機能はなく、

延命装置が取り付けられていたのだった。

昏睡状態で目が醒める見込みのない彼には

自分でこの先どうするかの意思表示が全くできなかった。

だから、

その判断は家族に委ねられいていた。

そして、

家族の選択は.......

延命装置を外すこと!

延命装置は外された

残された一つの肺のわずかな力で

まだ命は繋がってた

生きるための時間はもうない!

そこで普通だったら

そのまま、自然死を待つのだが

彼の場合は違った!

当日、インドから研修でその病院を訪れていた

一人のインド人医師

インド人医師はなんと最後の手段として

昏睡状態の彼の肺を

大量の塩水で

洗浄し始めた.......

まずは完全に機能しなくなった肺を!

洗浄水は口からボコボコ

臭い匂いの真っ黒な水となって

溢れ出てきた

そして

機能しなくなっていた肺は

蘇った!!!!!!!

そう

彼は命を取り留めたのだった

1週間後

残りの少し機能していた肺も

洗浄し

ついに

彼は復活した!!!!!

そして30年後の

2018年5月7日に

彼はタクシードライバーとして

私をゴールドコースト空港まで

送ってくれた......

もしあの時に

家族の意志で延命装置を外しただけだったら

彼のその後の30年はなかった!

私を空港まで連れて行ってくれることも

なかった.......

勇気あるインド人医師の判断が

一人の命にまた灯火をつけてくれたのだ!

命の選択......

いったい誰がすべきなのか?

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

受精から着床、胎児の成長、そして出生

【受精から着床、胎児の成長、そして出生】 目に見えない卵子と精子が受精し、約50センチ、約3キロの新生児として出生。この間に胎児は、生きるために休みなく、一生懸命細胞分裂を繰り返し、頑張って成長していきます。そしてそれを支えるのは母体である母親です。 当然、母体にも、別の生命を子宮の中で育てるという大きな負担がかかります。そして、最後に出産という大きな試練を乗り越えて、新しい生命体をこの世

自死を防ぐために

<第1回目の人間軸道場の課題は『自死を防ぐために』> 最近、頻繁に起こる、若者たちの自死。 未来を担う大切な命を救うことができなかった痛恨を抱えて生きていく家族たち。誰が悪いとか悪くないとかの問題ではなく、私たちが人間である以上、心と精神の問題を避けることはできません。 幸せそうに見える家庭の中でも、起こり得る悲しい出来事。 実は、自死を無くすためには、自死に至るプロセスを知る必要がありま

生きていた証を永遠に

『生きていた証を永遠に』コンシェルジュ募集! 2015年3月3日 6:22 私たちが生きている.....こんな素晴らしいことはありませんね。 一人一人、とっても重要で、生きているだけで特別なことです。 そんな私たちにもいつかは命の終わりが必ずきます。 日本のお墓事情が今、変りつつあります。 代々引き継がれてきたお墓の老朽化に加え、少子化、未婚、跡継ぎがいない..... などの理由で、散骨する人た

© 1978-2020 Yoko McMahon / Amea生涯学習アカデミー