人が木から学ぶこと


自然を大切にするということは、自然から学ぶということでもあります。自然の厳しさの中でたくましく育った木には力強い節があり、その節のお陰で長持ちする建造物を私たち人間は建造することができます。


人も木と同じです。平穏無事な人生を生きてきた人間と波瀾万丈な人生を乗り越えて生きてきた人間とは根本的に異なります。価値観も発想も行動も異なります。

色々な生き方の人たちがミックスしているこの世界で、どのように生きていきたいのかは、私たち次第です。


今までの苦労を生かして成長するか、それとも恨んでネガティブに生きていくのか、それも私たち次第です。


子供たちに居心地の良い環境ばかりを作り、真綿で包んだように育てていくのか、それとも厳しい現実を乗り越えていかれるように愛情いっぱいかけながらも力強く育てていくのか、それは親次第です。


私たち人間は、自然の中に生かされている意味を知り、自然から学ぶ必要がありますね。





7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

絆づくりで行動が縛られる

オーストラリアに住んで30年。 グローバルビジネスに何の準備もなしに突然飛び込んだ私。 日本で塾を経営し、教育コンサルタントとして、 親御さんたちの子育て指導や教育指導を行なっていましたが、 突然、何を血迷ったのか、オーストラリアに家族で移住。 家もビジネスも売って、家族で飛び込んだグローバルな世界で 生きて行くためには仕事、仕事、仕事〜。 そんな中で始めた留学センター、英会話学校、英語教師養成学

文化の日の趣旨が世界平和の鍵

今日は文化の日ですね。 「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことが趣旨の国民の祝日。 明治天皇の誕生日でもあります。 明治天皇は、幕末の混乱を経て、新時代の天皇に即位した方です。 巡幸や外国人との謁見、太平洋や富士山を見るなど、それまでの天皇なら考えられないようなことを次々と行ないました。天皇家を呪りながらなくなった崇徳上皇を鎮め、新政権の無事を願ったことでも有名です。 明治天皇はとても質素倹約の

性教育は単独で教えるべきではない

今、性教育の重要性が叫ばれている日本 世界から遅れているという観点から欧米社会のやり方をそのまま取り入れるのではなく、日本人の価値観と発想と文化背景を考慮して、なおかつ、心と体と精神の発達段階の中でその年齢にふさわしい形で取り入れていかないといけません。 そうしないと、また別の問題が起こります。 要するに性教育は、人間教育の中に入れるべきことで、単独で行うべきことではないと思います。 それは、体の

© 1978-2020 Yoko McMahon / Amea生涯学習アカデミー