ヒステリーと解離性障害


最近、フェイスブックなどでいろいろな方の投稿を読んでいると、『あれ?もしかしてこの人、ヒステリーかも』と感じることが多々あります。

この場合のヒステリーは、一般的に言われている怒りっぽいという意味でのヒステリーとは異なり、今は解離性障害と言われているものです。      ヒステリー(解離性障害)は、病気の中に逃げ込む病気と言われていて、身体的な異常は全く認められないにも関わらず、精神的な原因により、実際に歩けなくなったり、物がつかめなくなったり、声が出なくなったり、全身が痙攣するなどの運動に関する症状のほか、嘔吐、食欲減退、発熱、無月経、下痢、頻尿、発疹などの身体的症状が現れます。 また、健忘症、朦朧状態、昏迷状態、鬱、神経過敏症などの精神的症状も現れたりします。 ヒステリー(解離性障害)は、実はこれらのような身体的、精神的症状を現すことにより、自分の立場を有利にしようとする無意識の中からの司令によって起こります。    無意識の中に自分の意識しない感情のもつれがあって、それが形を変えて症状となり、現れてくるのです。     その感情のもつれは、身体的、精神的症状という形を変えて表現されるため、一応、解決されたことになります。つまり、これが病気の中に逃げ込む病気、ヒステリーなのです。    不登校や引きこもり、家庭内暴力、モラハラ、パワハラなど、最近、特に問題として表面化してきている状況は、このヒステリー(解離性障害)と何らかのつながりがあるように感じます。 表面に出てきた問題(症状)だけを見て、解決しようとしても、その問題(症状)の奥に潜む、感情のもつれを根本から解決しない限り、完全に問題解決はできません。 病気の中に逃げ込む病気=ヒステリー(解離性障害) 特に子供にはとても多いです。見逃したら、あとあと、もっともっと大きな問題として現れてきます。 解決方法はただ一つ! お母さんがしっかりと知識を持ち、賢く対応することです。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

軍隊の訓練のよう

最近、挨拶がとても気持ちがいいと言われている小学生の ある教室の挨拶の動画を見ました。 担任の先生による掛け声で、いつも同じ調子で挨拶をしています。 大きな声で元気よくクラス全員が一緒になってクラスメイトを盛り上げたり、 みんなとお礼を言い合ったりもしていました。 でも、私にはなぜか子供らしさが感じられなかったのです。 多くの方はその動画をみて、感動で涙が出たとコメント残してました。 でも、私は自

興味がないものでも学習すべき理由

「なぜ学校は、自分の未来に 必要のないものまでも学ばせるんですか? なぜランドセルに、自分の夢とは 関係のない教科書まで 詰め込ませる必要があるんですか? なぜ覚えたくもない教科を 暗記させるんですか? なぜ学校は興味もない暗記教育を 続けるんですか?」 ある投稿でちょっと目に止まりました。気になったので、勝手に答えさせていただきましたので、シェアさせてください。 ******

© 1978-2020 Yoko McMahon / Amea生涯学習アカデミー